今回は、キャッシュフロー・クワドラントのSクワドラントについて少し考えて見よう。

Sクワドラントは下記のように人々のことである。

    • 自営業者
    • 多くの小中企業の社長
    • 士業(医者、弁護士、税理士etc…)


まずは、メリットとデメリットについて

メリット

  • 何をするか自分で決めることが出来る
  • 頑張り次第で、収入を増やすことが出来る
  • 全てのことを自己責任で行うことが出来る

デメリット

  • 自分の代わりがいない
  • 働けなくなったら収入が途絶える
  • 収入を増やすと時間が減る傾向がある
  • 全てのクワドラントの中で一番時間がない
自分の頑張り次第で、収入を増やすことが出来る。

しかし、一般的に、収入を増やすためには労働時間が増やす必要がある。

しかも、働けなくなった途端に収入が途絶える。

Bクワドラントと一番大きな違いは、
ビジネスシステムの中に組み込まれているかどうかである。

Sクワドラントは自分がビジネスシステムの中心にいるので、
自分が抜ければ、ビジネスシステムは動かなくなり、
収入がなくなる。

Bクワドラントは自分はビジネスシステムの外にいるので、
自分がいなくても、ビジネスシステムは動き続け
収入を生み続ける。

だから、Sクワドラントからは成功者が出ない。

もし、成功者になりたいならば、ビジネスシステムを
S → B?に変えるか、Bのビジネスを新たに行う必要がある。

もしかしたら、Sクワドラントは最も収入を得るのが大変なクワドラントかもしれない。