Bクワドラントタイプのビジネスは下記の3種類がある。

  • 0から起業(Cタイプ)
  • フランチャイズビジネス
  • ネットワークビジネス
今回は、フランチャイズビジネスについて、
稼ぐこと、管理すること、レバレッジ、保護すること、出口戦略の
5項目について述べていく

実は、フランチャイズビジネスは、本部と支部で得られるものが
大きく変わる。今回は支部について述べていく。

稼ぐ

評価:★★☆☆☆
仕組みはあるのですぐに収入は入ってくる。
しかし、本部に払うロイヤリティーや従業員に支払給料などの
固定費が大きいため、利益率は低い。

管理

評価:★★★☆☆
管理は本部がほとんどやってくれる。
その反面、独自性は出せない。

レバレッジ

評価:★★☆☆☆
使えるのは、少ない従業員(Eクワドラント)の時間のみである。
場合によっては、本部のネットワークも使えるかもしれない。
大きなレバレッジをかけることが難しい。

保護

評価:★☆☆☆☆
本部との契約のため、ほとんど保護は出来ない。
売上を上げ続ける必要がある。

出口戦略

評価:★☆☆☆☆
他人に売ることはほとんど出来ない。
もし、交渉して売れたとしても書いて優位で二束三文にしかならない。
廃業の際には違約金を取られ、礼金も帰ってこない。

 

全体の評価

全体的に評価は低くなっている。
不労所得を得るのは困難である方法と言える。
実は、ロバートキヨサキは後に、下記の事を述べている。

フランチャイズビジネスでBクワドラントなのは
本部だけである。支部はSクワドラントである。

支部でBクワドラントタイプのビジネスを構築出来るのは稀である。
次回は、フランチャイズビジネスの本部について述べていく。