世の中にはお金を増やすせる人と、そうでない人と2種類の人がいます。

2人の違いはお金に関する知性(ファイナンシャルインテリジェンス)があるかどうかだけです。

お金を増やすために学ぶと良いことはいくらでもあるが、お金を増やすために一番効果の高い考え方から紹介します。

ROI(投資収益率)

ROI(Return on Investment、投資収益率)という考え方がある(投資収益率ともいう)。これは、投資額に対して一年間で何%のお金が手元に戻ってくるかを示している。

(ROI)=(一年間で戻ってきたお金)×(投資したお金)÷ 100

簡単にいえば、何がコストパフォーマンスが高いか測定する尺度である。ROIが高いものに投資をすればお金が早く増えるということになります。簡単にお金を増やせそうですね。ROIは不動産投資や事業投資などで指標としてよく使用されますが、日常使っている指標でもROIで考えられるものも多数あります。

様々なROI(投資収益率)

様々な形でお金を投資すると思いますが、何がROIが高いのでしょうか?()はROIの例です。

 
  • 普通預金や定期預金の利子(ROI=0.2%)
  • 株や投資信託の配当利回り(ROI=2.0%)
  • ローンなしで購入した不動産投資の利回り(ROI=10%)
  • ローンありで購入した不動産投資のROI(ROI=20%)
一般的にリスクが高い投資はほどROIは高くなります。

投資家はリスクとリターンを考えて何に投資するか決めています。リスクが低くリターンが大きい投資を見分ける力がつけばお金を増やすことができるようになります。

次回は、ROIを使った意外なお金の増やす考え方を紹介します。