前回は、出来事は一つであり、その解釈方法は無限大にあることを述べた。

つまり、この出来事をどう解釈するかで

人生がどう変化するか決まってくる。

出来事をプラスに解釈するためのツボとコツは沢山があるが、

本日は、その中一つについて述べていく。


嬉しいことや楽しいことが出来事は、

素直にその出来事を受け取れば良いので問題ない。

ただし、普通に考えたら、嫌なこと、ムカツクこと、落ち込む出来事を

プラスに解釈するのは比較的難しい。

出来事に対して間髪入れずに反応してしまうとプラスの解釈は難しい。

そこで、一般的にマイナスだと思われる

出来事(例えば、渋滞にハマった、財布を落とした、リストラされたなど)

などが起こった時は、直ぐに反応しないで

『ちょっと待てよ』と思い留まってみよう。

そして、この出来事が起きた意味やプラスの面を考えてみると良い。

例えば、リストラをされたと言う出来事なら

・これをキッカケに起業ができる。
・辞表を書く手間が省けた。
・退職金が自主退職よりも多くもらえる。

という感じでプラスの面にフォーカスしよう。

初めは、慣れないので難しく感じるかもしれないが、

慣れてくると、ほとんどの出来事はプラスに感じられるようになる。

出来事がプラスに感じられると、

楽しい感情になり、やる気が出てきて

前向きな行動を起こすことができ、人生が良くなってくる。